岡山人妻風俗の成功体験

岡山人妻風俗で美女と遊ぶ

美女と対面できた岡山人妻風俗

その当時私は初めて岡山人妻風俗を利用する、中国地方在住の31歳サラリーマンだった。管理職に昇格し、多額のボーナスを手にして夢の岡山人妻風俗へ。私は胸の高鳴りを抑えきれず、ベッドの上で行ったり来たりと無意味な寝返りを繰り返した。部屋のインターホンが鳴り、女性がやってきた。

扉を開けるとそこにはモデル級のスタイルをした岡山人妻風俗嬢が立っていた。「おお、すばらしい! 夢じゃないよね!」私は彼女の手を取り、部屋へと招いた。「フフ。何だか王子様みたい。」とほほ笑みながら、入ってきて早々私にハグして熱いディープキスをした。彼女の唇は小さくてプルプルしていて、舌も繊細に私に絡んできて、もう私のアソコはフル勃起していた。

濃厚な即尺プレイを堪能

それに気づいた女性はディープキスをしながら私のアソコをズボンの上から撫で始めた。「そ、そんなに触ったら・・・」我慢汁が下着について、アソコの周りが汗をかいていた。私はお返しにとばかりに彼女のアソコを触った。彼女はゆっくりと股を開いて触りやすくしてくれた。私はスカートを託し上げ、パンティに手を入れようとしたが、「待って」とじらして私の手を止めた。

そして女性は私の目の前にひざまづくと、私のズボンとパンツを脱がして、フル勃起した私のアソコをその場で舐め始めた。「そ、そんな舐めたら・・・汚いよ・・・・。」と恥ずかしい思いをしながらも彼女のフェラテクに悶絶し、天を仰ぎながら本気で感じた。これが人妻店ならではの即尺サービスだ。こんなにも気持ちのいいものだとは知らず、私は立っているのもやっとだった。

マットプレイに大満足

それから私は女性とお風呂に入った。女性はマットプレイもできるというので、どうせならと思いやってもらうことにした。180分のロングコースで入っているので、今日は2発3発と抜いてやろうと思って臨んでいる。お風呂で女性に泡洗いをしてもらいながら、湯船に一緒に入って、潜望鏡をしてもらった。彼女のフェラは優しくツボを抑えたアソコマッサージのようで、舐められる度にみるみる私のアソコは元気になった。

そして女性はマットの準備をして、早速マットプレイに移っていった。女性のおっぱいはCカップくらいでそこまで大きくはなかったが、久々のマットにアナルやアソコがピクピクと反応し、そのまま素股で女性に攻められ通し、一発目の昇天を迎えた。あっという間の出来事だった。岡山人妻風俗でマットプレイができるお店は珍しかったが、素晴らしい女性と遊ぶことができて満足できた。