徳島人妻風俗で巨乳嬢と濃厚プレイ

徳島の人妻風俗で極楽体験

徳島人妻風俗の巨乳嬢と対面

私はある日パチンコで大勝ちしたためそのお金を使って徳島の人妻風俗店で遊ぼうと考えた。そのお店のHPでたまたま私の目に止まったのがユミ(仮)という女。写真を見ると決して美人でもスタイルが良いとも言えないように見えるが、あまりキレイな風俗嬢が好きではない私は彼女を指名することに。

そして徳島の人妻風俗店に連絡をして彼女を呼んだのだが、どうやら指名が立て込んでいたようで彼女は走って来たのかホテルに着いたときは息を切らしていた。ただ思った以上に胸が大きい徳島人妻風俗嬢の姿を見てなぜかドキドキしたのだった。

人妻嬢の巨乳に欲情


そして、ユミが落ち着くとついにおっぱいのお披露目になる。私はこのときほど神様に感謝したことはないし、徳島で一番興奮していたのは私だろう。本当に漫画みたいなマシュマロ巨乳でピンク色の乳首が私の目の前にあった。私はあまりの感動に震えながら、乳首を吸ってもいいかと聞いて、ピンクの乳首を吸った。ユミは感じているようで、「あっ」と声を漏らしている。それがたまらなく嬉しくて、右乳首を吸いながら左乳を揉みしだいた。ユミの顔をみると恥ずかしそうに顔が真っ赤になっていて、それがまた興奮した。

もう我慢出来なくなりユミをベッドに押し倒した。「シャワー浴びてないよ?ちょいブスだよ?平気?」と申し訳なさそうに聞いてきた。私はもう彼女がブスには見えなくなっていたので、思いっきりキスをして、心の底から「可愛いよ、シャワーなんてあとでいいから、このまましていい?」と投げかけた。ユミは小さくコクリと頷いて、ユミのおっぱいを堪能した。

短時間で2度も発射


するとユミが起き上がってパイズリをしてあげるというので、パイズリをしてもらった。おっぱいに挟まれるのがこんなに気持ち良いなんて知らなかったし、何か異常に興奮しちゃったからパイズリ30秒でイッてしまった!!「うれしい」と笑うユミが可愛くで、私はイッたばかりなのにそのままユミの秘所を舐め、そのまま正常位素股で腰を動かし続けてすぐに絶頂を迎えた。

徳島人妻風俗で短い間に2回発射できると思っていなかったので、思いのほか満足することができた。ユミの秘所はヌルヌルで、ムスコを擦ると私は味わったことない感触にすぐにまたイッてしまった。徳島の人妻風俗は今まで何度も利用したことがあるものの、このときのように満足できたことはあまりない。それだけに彼女とのひとときは私にとって良い経験になった。徳島人妻風俗で遊ぶのに最適な風俗店を探してください。