広島人妻風俗のソープについて

○広島人妻風俗のソープの成り立ちを考える 

風俗店で働く女性を「姫」と呼ぶ。これは広島などのソープで働く女性を「泡姫」と呼称することに由来すると言われている。広島人妻風俗のソープ店において新人は厳しい面接の後、徹底的にソープのイロハを叩き込まれる。接客に関するものからプレイに関するものまで、その内容は我々の想像をはるかに超えるものだ。プレイに関しては、マットプレイに始まり、泡踊りやくぐり椅子、たわし洗いから壺洗いまで実に様々なソープ独自の内容である。これらを全て習得してはじめて一人前の泡姫となることができるのだ。これらのことからも、ソープがピンサロやヘルス等の風俗とは一線を画していることがわかるだろう。やはりソープは特別なのだ。冒頭で触れたように、風俗の王様と呼ぶに相応しい。中国地方の中でソープが盛んな広島では、現在でも新興店から老舗店まで数多くのお店が営業を続けている。夜になればネオンが灯り、情緒溢れる広島を楽しむことができる。そこにはある意味では江戸時代に栄えた遊郭としての名残を垣間見ることができると言ってもいいだろう。このように広島人妻風俗のソープ店を利用する際は街や女性のルーツに関して考えてみても良いかもしれない。

○スマートな対応をする広島人妻風俗のソープ

歴史ある広島人妻風俗のソープでは格式を重んじるため、店頭に立っている黒服の立ち振る舞いも上品で低姿勢だ。声をかけてはくるもののこちらが遊ぶ意思がないことを伝えると、「またの機会に是非お越しください」と笑顔で見送ってくれる。歓楽街でよく遭遇するガラの悪いしつこいポン引き連中とは似ても似つかない対応の違いである。そのような街ではしつこく勧誘してくる輩もいるが広島人妻風俗のソープ街でこのようなことはほとんどない。郊外にあるソープ街では、だいたいのお店で車による送迎のサービスを実施している。お店が決まっているのであれば、送迎車を利用するのもいいかもしれない。送迎車も、高級店であれば高級車である場合が多く、お店に到着する前から高級感を味わうことができる。もちろん、この送迎サービスは無料なので気分を高めるためにも積極的に利用してみよう。やはり古くからソープランドが活性化していた広島という街では、長年積み重ねられたその歴史から、安定感のある優良なソープ店が多く見られる。やはりソープで遊ぶのであれば広島だ。これは今後もずっと変わることはないことであり、これからも広島人妻風俗ソープを利用する人が後を立たないのではないか。